誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



伊福部昭
管絃樂の爲めの音詩 寒帯林 Tone Poem Arctic Forest
(満州国委嘱 1945年作曲)
2Fl, 2Ob, 2Cl in B♭, 2Fg, 4Hr, 2Tp in Do, 2Trb, Trb-bass, Tub, Timp, 弦5部
第一楽章(Primo Movimento);うすれ日射す林 Andante Tranquillo ♩≒72 contorni
第二楽章(Secondo Movimento);杣の歌 Moderato Pastorale ♩≒96 contorn
第三楽章(Terzo Movimento);山神酒祭樂 Allegro
芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカ
本名徹次指揮
2010年8月8日
日比谷公会堂


低弦のトレモロで始まる1楽章、
民謡調のメロディーが楽しい2楽章、
酒の入った伊福部節が盛り上がる3楽章と、
伊福部サウンドが満喫できた。

前日、映画「剱岳」を見て明治の精神に感じいっていたところ。
明治の精神でできた音楽は実にいい。
誠実に各ブロックを音にしていく弦楽器、
ヴィヴラートを控えて素朴に歌う木管、
鳴り過ぎない金管、
急がず騒がず、悠久の時を演出する指揮者、
ここは満洲国かと思わせるような古い演奏会場、
いずれも好ましい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/95-b09548bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。