誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ユトリロが白なら、シャガールは赤!
シャガールの赤をたっぷり味わえた。

知らなかったのだが、
1967年2月のニューヨーク、メトロポリタンオペラでのモーツアルト『魔笛』
の上演は、このシャガールが美術を依頼されていたんだって!!

クリップスの指揮にローレンガーのパミーナ、ポップの夜の女王、プライのパパゲーノ、
ゲッダのタミーノ、ハインズのザラストロ・・・
素晴らしいメンツ!

暗めの色調が終幕の赤に向かって変化していく素晴らしく芸術的な舞台だったようだ。
ちょっとした岩や衣装にも、変な顔や生き物が描いてあったりもする。
見てみたい。リバイバルしてくれないかなあ。

せめてライヴ録音が残っているといいのだが・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/92-7c187c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。