誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東向島駅にある東武博物館に行ってきた。
特別展「鬼怒川線・旧矢板線の歴史」がもうすぐ終わってしまうので、
空いた時間に寄ってみた。

『東武鉄道鬼怒川線と旧矢板線の前身である下野電気鉄道の歴史を、
初期から現在に至るまで、写真や資料で紹介します。』
というものだが、資料や写真に引き込まれて感動してしまった!

現在も存在する下今市-新藤原間の鬼怒川線もさることながら、
昭和34年6月30日に廃止された矢板線の写真には魅せられてしまった。
東武鬼怒川線の新高徳とJR東北線の矢板を結ぶ路線で、
沿線に3つの鉱山をもっていた。
駅は、
新高徳-西船生-船生-天頂-芦場-玉生-柄堀-幸岡-矢板。
ふにゅう、よしば、たまにゅう、からほり、こうおか、
難読の駅名ばかりだ。
不況と戦争で厳しい経営を強いられながら、
戦後も最後まで非電化路線で、山あいをSLが客貨混合列車をひいて走っていたそうである。

関連資料やグッズの販売を期待していたが、全くなく、
昭和34年撮影の船生-天頂間の写真ハガキをもらって帰る。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/81-8af5a0c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。