誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シュナイダーハンのシャコンヌに始まった本年だが、
最後にまた濃厚なシャコンヌに出会うことができた!


IDIS333
ジョコンダ・デ・ヴィト初期スタジオ録音集
○JSバッハ:シャコンヌ~パルティータ第2番BWV1004(1947年ロンドン)
○ベートーヴェン:ロマンス第2番ヘ長調
(1948年エレーデ/フィルハーモニア管)
○JSバッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042
(1949年バーナード/ロンドン室内管)
○モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調KV216
(1949年ビーチャム/ロイヤルフィル)
ジョコンダ・デ・ヴィト(ヴァイオリン)


どの曲も凄い演奏だ。
魂そのものの音がしている。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/67-0a858eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。