誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40回記念演奏会が無事終わりました。
これで、「大地の歌」の聴き比べも一段落です。

◎私にとって最高の一枚は、
mahler_erde_bruckner7_rosbaud.jpg
ロスバウトが1958年に録音したものです。当時33歳のグレース・ホフマンの歌が素晴らしく、
ステレオ初期のドイツの真実味のあるオケの響きもこの曲にふさわしいものです。
ヴィオラなど内声部をはじめ、各パートが意味深く鳴り、ハープ・チェレスタ・マンドリン等の
特殊楽器も決まっています。

◎これまた忘れられません!
erde_1939_schuricht_aco.jpg
1939年のコンセルヘボウの実況録音です。
コンセルトヘボウといえば、作曲者のマーラーとメンゲルベルクが交代で指揮台に上がっていたオケ。
マーラーは、「俺よりうまい」とメンゲルベルクの音楽を認めていたそうです。
この「大地の歌」は、本来メンゲルベルクが振るはずだったそうで、
病気でシューリヒトが代わりに振ったのだそうです。
演奏プランを詳細にスコアに書き込み、楽員に徹底して伝えたメンゲルベルクと準備していた
コンセルトヘボウですから、随所に聴き手を唸らせる表現が頻出します。
女声はトルボルク。当時43歳で、3年前のウイーン・ライヴよりは声自体の魅力が後退していますが、
迷いがなく確信をもってぐんぐん進んでいくオケのもと、とても歌いやすそうです。

◎そして、初演者ワルター。
walter_erde_36_opus.jpg
1936年、ウイーンフィルの実況録音です。
当時40歳のトルボルクの歌は見事で、「大地の歌」が歌曲であるなら、こうでなくてはいけません。
声の魅力と、歌の力、訴えかける内容・・・
今や全く失われてしまったものが聴けます。

○たくさんあるワルターの中で、
erde_walter_60_eterna.jpg
1960年、コロンビア響とのセッション録音。ミラーの若々しい声、そして、なによりステレオ録音であることがありがたいです。

○同じ年の、
walter_erde_60_bws.jpg
カーネギホールでの実況録音も、変拍子やテンポ指示の煩雑さを感じさせない自然な呼吸感が見事で、
当時30歳のフォレスターの声もなかなかです。

○そして、定評ある
erde_walter_52_LXT.jpg
1952年のデッカ録音。初めて聴いた「大地の歌」でした。
パツァークの歌が曲にハマっています。

○フェリアーが燃えている、
erde_walter_52_LIVE.jpg
1952年の実況録音。前座のモーツァルト40番といい、生々しい音楽に圧倒されます。

○新しい録音では、
erde_kubelik_BRSO.jpg
ベイカーの声がきれいな、クーベリックのライヴと

○邦人+米国楽団でもここまでやれるのか!の、
mahler_erde_oue.jpg
大植/ミネソタ盤が、繰り返し聴きたくなる魅力的な演奏でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/465-494dec6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
まとめtyaiました【【まとめ】「大地の歌」聴き比べを終えて】
40回記念演奏会が無事終わりました。これで、「大地の歌」の聴き比べも一段落です。◎私にとって最高の一枚は、ロスバウトが1958年に録音したものです。当時33歳のグレース...
2012/07/02(月) 04:46:44 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。