誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨星、Dietrich Fischer-Dieskau氏がついにこの世を去りました。
死を悼んで、彼の残したヴァーグナーを聴きます。




Angel RL-32024
Fischer Dieskau sings Wagner
“Die Fliegende Hollander ” Die Frist ist um (act1) 
“Parsifal” Nein! Lasst ihn unenthullt!(act1)
-ja, Wehe! Wehe!(act3)
“Die Walkure”-Wotan’s Farewell(act3) ヴォータンの告別
Bavarian Radio Symphony Orchestra
Rafael Kubelik
Munich, 19-21 June 1977


すでに押しも押されぬ大ベテランになってからのレコーディングです。
幽霊船の船長、オランダ人が歌う1曲目「期限は切れた」、
傷ついた王、アンフォルタスが聖堂で歌う
1幕の「ならぬ!覆いはそのままに!」と
3幕の「そう、あわれ!あわれ!」、
そして、娘を罰せねばならない父、ヴォータンが歌う「告別」と、
ヴァーグナー・バリトン役の魅力が詰まったレコードです。

役柄をしっかりと感じさせ、メッセージをしっかり伝えながらも、
決して乱れたり激しすぎたりしないF=Dのヴァーグナーは、
他では聴けないものです。

振り返って見ると、ヴァーグナーの主要10作品全ての全曲盤に記録が残っています。

「さまよえるオランダ人」(オランダ人)
・1960年ベルリン国立歌劇場(コンヴィチュニー指揮)ETERNA EMI
「タンホイザー」(ヴォルフラム)
・1949年ベルリン国立歌劇場(ルートヴィヒ指揮)ライヴ
・1954年バイロイト祝祭劇場(カイルベルト指揮)ライヴ
・1955年バイロイト祝祭劇場(クリュイタンス指揮)ライヴ
・1960年ベルリン国立歌劇場(コンヴィチュニー指揮)ETERNA EMI
・1961年バイロイト祝祭劇場(サヴァリッシュ指揮)ライヴ
・1968年ベルリンドイツオペラ(ゲルデス指揮)DGG
「ローエングリン」(テルラムント)
・1964年ウイーンフィル(ケンペ指揮)EMI
・1954年バイロイト祝祭劇場(ヨッフム指揮)ライヴ(軍令使役)
・1985年ウイーンフィル(ショルティ指揮)DECCA(軍令使役)
「トリスタンとイゾルデ」(クルヴェナール)
・1952年フィルハーモニア管(フルトヴェングラー指揮)HMV
・1980年ドレスデン国立歌劇場(C・クライバー指揮)ETERNA DGG
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(ハンス・ザックス)
・1975年ベルリンドイツオペラ(ヨッフム指揮)DGG
・1956年バイロイト祝祭劇場(クリュイタンス指揮)ライヴ(コートナー役)
「ラインの黄金」(ヴォータン)
・1966年ベルリンフィル(カラヤン指揮)DGG
・1967年ベルリンフィル(カラヤン指揮)ライヴ
「ヴァルキューレ」(ヴォータン)
・1966年ベルリンフィル(カラヤン指揮)DGG
・1967年ベルリンフィル(カラヤン指揮)ライヴ
「ジークフリート」(さすらい人)
・1966年ベルリンフィル(カラヤン指揮)DGG
・1967年ベルリンフィル(カラヤン指揮)ライヴ
「神々の黄昏」(グンター)
・1964年ウイーンフィル(ショルティ指揮)DECCA
「パルジファル」(アンフォルタス)
・1956年バイロイト祝祭劇場(クナッパーツブッシュ指揮)ライヴ
・1971年ウイーンフィル(ショルティ指揮)DECCA

どの曲も、最高と言える世紀の名盤に顔を出していることがわかります。
特にヴォルフラムは傑出しています。
ご冥福をお祈りします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/460-934b6a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。