誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本秘湯を守る会」のお宿はどこもいいものですが、
この薬師温泉「旅籠」の行き届いたもてなしは中でも格別です。

7_makuragi.jpg
送迎バスを降りて日本風の立派な門をくぐると、「枕木街道」が続いています。
その名の通り、枕木が敷き詰められているのです。
廃線になった碓氷峠のものでしょうか?
8_akebi.jpg
あけびが咲く頃もあるのかな
7_hatago2.jpg
茅葺き屋根の建物に囲まれた中庭
7_hatago.jpg
玄関にはちゃんと「日本秘湯を守る会」の提灯がありました。
14_552.jpg
552号室は「文久の間」
15_genkan.jpg
日本風の暗い証明の玄関。炭が置いてあります。
16_heya.jpg
ここのオーナーは古い和箪笥のコレクターだそうです。
なんと、部屋にも渋い箪笥がいくつも置いてあります。
引き出しを開けると、中には乾燥防止のコップの水があるのみです。
13_tansu.jpg
敷地をお散歩すると、箪笥博物館があります。
12_kama.jpg
大きな釜
11_kuma.jpg
クマ
9_uchiyu.jpg
内湯に入ります。源泉42℃のかけ流し。無色透明、中性のお肌にやさしい感じのお湯です。
10_shiin.jpg
湯上りにお土産コーナーで地酒の飲み比べ。買うほど旨いものはありませんでした。
17_bath.jpg
お部屋の風呂は残念ながら温泉ではなく、夕食前に薬草を入れて入ります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/444-13a9f262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。