誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔から定盤となっているヨッフムのザロモンセット。
軍隊交響曲をお目当てに、CD4をトレイに載せます。
haydn100_jochum.jpg

CD4
・交響曲第100番ト長調『軍隊』 Hob.1-100
 1973年2月ステレオ録音
・交響曲第101番ニ長調『時計』 Hob.1-101
 1973年2月ステレオ録音
・交響曲第102番変ロ長調 Hob.1-102
 1971年10月ステレオ録音
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団


はるか以前に聴いたことはあったはずですが、
思っていた以上に素晴らしい演奏ぶりに驚かされました。

どの楽章も速めのテンポ設定で、ハイドンを弾く喜び、聞く喜びに満ちています。
全体に緊迫感、疾走感にあふれ、音楽が躍動しています。
ハイドンの音楽的なサービス精神も十分に感じ取ることができます。
ミンコフスキなど最新の演奏と比べると、管楽器や打楽器の切れ味はいまひとつですが、
多くの人に支持されるだけのことはあります。

そのあと、NHKで「坂の上の雲」を見終わったところです。
正岡子規や、ロシア人の彼女に思いを寄せる広瀬少佐の死は悲しいものでした。
日本側の都合に偏りすぎているところが不満で、
その点、膨大なロシア側資料に基づく、
吉村昭「海の史劇」
の方が歴史の感動がずっと大きいと感じます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
ハイドンの交響曲
ハイドンの交響曲は、アダム・フィッシャーの全集が手元にありますが、殆んど手付かず状態。
貴下前回の記事に釣られ、太鼓連打辺りを少し聴いた程度。
どうしても編成が大きめな曲は後回しになってしまいます。
弦楽四重奏曲とピアノ・トリオは良く聴くのですが・・・・。
2011/12/04(日) 11:19:52 | URL | MK #c5NzTaeA[ 編集 ]

フッシャーは好きな指揮者で、この全集は安くて大好き!? 録音が2000年以降のあたらしいものはいいのですが、軍隊はちょっと古く、わくわくする感じがないのです。
私も、シンフォニーよりもカルテットの方がしっくりきます。また記事を楽しみにしています。
2011/12/04(日) 21:42:33 | URL | knapper2 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/432-03ae14f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。