誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有名なDeccaのセッションのあとライヴ録音されたという
「大地の歌」のCDが到着したので、ワルターの「大地の歌」が
7種類揃いました。

先日聴いたニューヨークフィルとのステレオ録音があまりに見事で
感激しましたが、これから聴き比べるのが楽しみです。

1936_Vienna_Live.jpg
①1936年5月24日ライヴ
ウィーンフィル、トルボルク(A)クルマン(T)

1948_NewYork_Live.jpg
②1948年1月18日ライヴ
ニューヨークフィル、フェリアー(A)スヴァンホルム(T)

1952_Vienna_Decca.jpg
③1952年5月15-16日セッション(Decca)
ウィーンフィル、フェリアー(A)パツァーク(T)

1952_Vienna_Live.jpg
④1952年5月17日ライヴ
ウィーンフィル、フェリアー(A)パツァーク(T)

erde_walter_53_NYP.jpg
⑤1953年2月22日ライヴ
ニューヨークフィル、ニコライディ(A)スヴァンホルム(T)

1960_Vienna_Live.jpg
⑥1960年4月16日ライヴ
ニューヨークフィル、フォレスター(A)ルイス(T)

1960_NewYork_Columbia.jpg
⑦1960年4月18,25日セッション(Columbia)
ニューヨークフィル、ミラー(ms)ヘフリガー(T)

このほか、
2~5楽章のみの録音が一つあります。

1949_Vienna_Live.jpg
1949年8月21日ザルツブルク音楽祭ライヴ
ウィーンフィル、フェリアー(A)パツァーク(T)

また、4楽章と6楽章の断片が残っているようです。(未入手)

1947年9月11or12日
ウィーンフィル、フェリアー(A)ピアース(T)

なお、アンダンテから発売された、1952年5月17日のライヴと称する
CDは、なんと、Deccaのセッション録音に拍手をくっつけたものらしいです。
erde_walter_vpo_live.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
大地の歌
はじめまして、この処ビオラの音色に心を動かされ、ぐぐった処、貴下ブログに辿り着いた次第。
昨日シューマンのOP.113が入った室内楽曲集を購入いたしました。
ブルーノ・ワルターによる『大地の歌』は、ニューヨーク・フィル、ミラー(ms)ヘフリガー(T)によるコロンビア盤(ODYSSEY廉価版)のレコードを所有しております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
2011/11/23(水) 08:24:03 | URL | MK #c5NzTaeA[ 編集 ]

ヴィオラはオケや室内楽の内声で真価を発揮するので、なかなか良いソロの曲がないのですが、シューマン「おとぎの絵本」、いい曲ですよね!・・・レコードも楽しまれているのですね。また、ぜひお立ち寄りください。わたしもお邪魔します。ありがとうございました。
2011/11/23(水) 11:27:04 | URL | knapper2 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/422-87ec504b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。