誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「インド夜想曲」で使われていた、
シューベルトの弦楽五重奏曲ハ長調D956。

新しいCDなのであるだろうと思っていると、意外や意外、
なかなかないのです。
D956_AmadeusQ_Robert_Cohen.jpg
海外amazonから取り寄せて、ようやく聴けました。
映画を思いだしながら聴いていますが、
これはとても切ない、いい演奏です。

アマデウスQのD956はこれで3種類。
D956_amadeus_pleeth_52.jpg
1952年

D956_amadeus_pleeth_66.jpg
1966年
ふつう、古いものほどいいことが多いのですが、
この場合、最も新しいこの1987年のCDが最高です。
年輪や力の抜けたアンサンブルが曲に合うのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/420-b92b18ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。