誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーラーの9番に、シューベルトの4番・・・
なぜ、ジュリーニがいいかというと・・・
それは、
「ヴィオラ弾き」
だったからです。

どこかのオケで、かのブルーノ・ワルターの棒で、
ブラームスの第1交響曲の公演中、
ヴィオラ末席で大感激していたジュリーニの話が伝わっています。
「ヴィオラ末席の、私のための交響曲だと感じ」
させてくれたのだそうです。
さすがはワルターです。

さあ、ヴィオラ出身の指揮者を確認しましょう!

giulini_c.jpg
カルロ・マリア・ジュリーニ

giulini.jpg
バッハ:ロ短調ミサ

neumann_c.jpg
ヴァーツラフ・ノイマン

neuman.jpg
マーラー:交響曲全集

monteoux_c.jpg
ピエール・モントゥー

monteux.jpg
ブラームス:交響曲第2番

Barshai_c.jpg
ルドルフ・バルシャイ

barshai.jpg
ショスタコーヴィチ:交響曲第14番「死者の歌」

hindemith_c.jpg
パウル・ヒンデミット

hidemith.jpg
ブルックナー:交響曲第7番

sherchen_c.jpg
ヘルマン・シェルヘン

scherchen.jpg
ベートヴェン:交響曲第9番

実に音楽的で、味のある、意味深い演奏を行う優れた指揮者ばかりです。
凡庸でお気楽な音楽とは縁がありません。
出身楽器別では最上位ということになるでしょう。

聴いたことはないのですが、

honeck_c.jpg
ホーネックもヴィオラ出身だとのこと

honeck.jpg
マーラー:交響曲第4番がありますねえ

nagano_c.jpg
ケント・ナガノは、ヴィオラ、ピアノ、琴、クラリネットをやっていたとのこと・・・
マルチプレーヤーにしても、すごい組み合わせです。

nagano.jpg
マーラー:「大地の歌」があるんですね!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
意外に多いヴィオラ奏者出身者
knapper2さん、こんばんは。
確かに素晴らしい指揮者が多いですね。ジュリーニもシェルヘンも曲全体の構造を良く把握した指揮振りが素晴らしい指揮者です。ヴィオラという縁の下の力持ち的な楽器をやると全体が見えてくるのでしょうか。
先日非常に良かったスクロヴァチェフスキのブルックナーの4番もヴィオラが大活躍のいい演奏でした。
遅ればせながら当ブログからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。
2011/11/07(月) 00:16:36 | URL | Daisy #-[ 編集 ]

スクロヴァのロマンティックを聴いたなんてうらやましいです。この曲は特にヴィオラのおいしい曲ですよね。コメントありがとうございます。
2011/11/07(月) 21:05:26 | URL | knapper2 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/409-b29d6af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。