誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は仕事帰りに知り合いの小学2年生に出会いました。
小:どこいくの?
私:おうちに帰るんだよ。
小:お酒飲みにいくんでしょ?
私:(笑)お酒はおうち帰って飲むよ。
なんて会話をしていたら、
無性にビールが飲みたくなり、
駅前のお店に入ってしまいました。

fb416eab.jpg
ビールをつくる映画で出てくるやつを商品化したのがあって、
飲んでみました。
「レッド・ロマンス」、カシス入りのビールでした。

家に帰ると、注文していた本が届いていました。
DS.jpg

ショスタコーヴィチの全作品カタログ、ディスコグラフィー付です。
ヴィオラ奏者にはたまらない魅力の、
作品138の弦楽四重奏曲第13番が17種類、
作品147のヴィオラソナタは36種類載っています!
作品138はフィッツウイリアムQを、
作品147は初演者ドルジーニンを愛聴していて、
あまりに素晴らしく体に染みついているので、
他のを聴いて良かったことはまずないのですが、
全録音を聴いてみたいです。

それにしても、全作品のディスコグラフィー付とは凄まじい記録です。
これは第3版ということですが、
せっかくなら、今後発売されるものも記録しておきたいところです。
まあそれは難しいかな。
どこかのホームページでディスコグラフィーないかなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/397-e11bedea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。