誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立て続けに飲み会・・・
daishichi.jpg
がんばろう東北、福島の「大七」生酛純米酒です。
前に旅行の時、蔵元を訪ねていろいろ試飲したのを思い出しました。
確か、アイスクリームに日本酒をかけて食べるのがありましたっけ。
福島の名湯、奥土湯温泉に出かけたときのことです。

さあ、次の演奏会曲目は、
ハイドンの交響曲第100番ト長調「軍隊」
です。

本番は来年6月17日。
いろいろ聴いて表現の可能性を勉強したいと思います。

古典派で最も重要な第1楽章。
haydn100_1mov1.jpg
これが第1主題
haydn100_1mov2.jpg
これが第2主題
いろいろな素材を展開する妙技が素晴らしいとされる曲です。

ウィーン時代のワルターの演奏が染みついています。
haydn100_walter_vpo.jpg
ハイドン:交響曲第100番ト長調「軍隊」
ブルーノ・ワルター指揮
ウィーンフィル
(モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、交響曲第41番「ジュピター」)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/391-3c4e15f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。