誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すげぇ!
シューベルトの交響曲中最も難しいこのフィナーレをこの速さでやるとは!
さすが、ルスラン序曲でムラヴィンスキーと最速を競ったマゼール。
こんなんでヴァイオリンやヴィオラは弾けるのでしょうか?

maazel.jpg

シューベルト:交響曲第4番ハ短調D417「悲劇的」
ロリン・マゼール指揮
バイエルン放送交響楽団
2001年ライヴ
(7:45/9:51/3:38/6:40)
フィナーレの6分40秒は燦然と光ります。
かのブリュッヘンですら6分58秒ですから。
弦楽器もバッチリ弾けています。

このCDセットはバイエルン放送響の自主製作で番号もなし。
オークションではじめ30000円ででていましたが、
しばらく待っているうちに半額になったので入札したのでした。
今どき、シューベルトの全集でこの値段は高すぎます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/383-4f75242b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。