誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Y氏よりいただいた貴重な音源から・・・

ヴァーグナー
「タンホイザー」全曲
シノポリ指揮バイロイト音楽祭
1985年

1985年。夢の聖地(バイロイト)訪問がかなった年。
その年の記録が聴けてほんとに懐かしいです。

冒頭に弟ヴォルフガングの舞台挨拶があり(独語で?)、続いて深く豊かなバイロイトサウンドが鳴り響きます。このころはシノポリには、迷いや変な落ち着きもなく、たいへん意欲的で推進力のある演奏を聴かせます。第2幕のシェリル・ステューダーも少しも叫ばない聖なる美声。Y氏に感謝です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/379-bddf0e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。