誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日も今日も飲み会でボロボロ・・・どうしても人事異動の時期は落ち着かない・・・。
でも、伝説のカルテットを聴き大興奮!
Stuyvesant Q だ。シルヴァンとアランのシャルマン兄弟が起こしたアメリカの名カルテット。現代曲が得意。1曲目のヒンデミット作品10が凄い。第2楽章の中間部、Vnが弱音器をつけてひょうひょうと歌う部分、チェロのピチカート伴奏はまるで水面に大きめの石がポツンポツンと落ちるような自然音。4つの楽器の混ざり具合がめちゃめちゃ濃い!凄い団体だ。ラヴェルとドビュッシーが良いらしい。
しばらく酒は飲みたくない。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/367-3583c33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。