誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kaorina。さんが思い出させてくれたカペーQ
http://kaorina223.jugem.cc/?eid=285

久しぶりにターンテーブルに載せた。
やっぱり史上最強の第3楽章だった!!なんというカペーの集中力、歌い方。長い音符の存在感が他とはまるで違う。他の誰よりも深い呼吸長いフレーズで歌う。非旋律的部分は一気にテンポアップし、またすぐメロディーになると遅いテンポに戻る。それが自然に行われている様はまさに神業。「Beethovenがこちらへ来てくれるまで祈りを続けながら弾いた」というリュシアン・カペー。凄い。
例の72小節の新旋律にしても、その前の準備が完璧で否が応でも感動させられる。あのフルトヴェングラーが第九の3楽章を思い出す。最後のカデンツァも速い!参りました。
1楽章はちょっと遅いような気がするが、終楽章は速くていい感じ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/365-4dff467a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。