誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シューリヒトの「田園」。
仏FALPの白レーベル、テストプレスを復刻したCDがあるので
聴くことにした。

1957年から58年にかけて一気に収録された
パリ音楽院管弦楽団とのベートーヴェン交響曲全集。
本家EMIのCDは音が薄いということで
聴く気が起らなかった。

制作協力は、「ラ・ヴォーチェ京都」。
一度訪ねたことがあったが、いい店だった。
店主に、「ヴァーグナーの歌もので何かいいのはないですか。」
と尋ねて薦められたのが、ヴィーニアスのメロディア盤アリア集!
甘く余裕のある声で歌われるローエングリンにしびれたものだった。


日Grand Slam GS-2045
ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調op.68「田園」
カール・シューリヒト指揮
パリ音楽院管弦楽団
1957年
+交響曲第7番イ長調


期待通り低弦も充実した豊かなサウンドで、
流れの良い、センス満点の名演をたっぷりと堪能できた。
スケルツォに抜群の名演の多いシューリヒト。
ここでも第3楽章のたたみかけるような推進力、スイング感が気持ち良い。
LP復刻だけに、フォルテで音がダンゴになり歪む箇所もあるが、
弦のきしみまで聴きとれる生々しさに圧倒される。
ただし、いい演奏には違いないのだが、
ワルターやブロムシュテットにあった、
香りやぬくもり、胸がいっぱいになる幸福感がない。
この辺がこの曲の難しいところだ。

組み合わせは第7交響曲。
なんでもテストプレスには6小節の欠落があるそうで、
別の正規盤LPで埋めてあるそうだ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/34-487fe0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。