誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハイドンの弦楽四重奏を聴く。

独DGG DGM18094

ハイドン
弦楽四重奏曲ト短調作品20-3
弦楽四重奏曲ヘ長調作品77-2
ヴェーグQ
Sandor Vegh : vn1
Sandor Zoldy : vn2
Georges Janzer : va
Paul Szabo : vc

ほんと、ハイドンの実験精神というか知的な楽しさはすごい。
譜面に太陽のアニメが描いてあったことで名付けられた「太陽四重奏曲」作品20全6曲。
この3番は深くて強烈。ト短調っていうのがいかにもgood。
演奏も各楽器が濃厚に響くオールドスタイル。
赤ワインがよく合う。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/323-999ae4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。