誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3巻オリジナル!作った!
17 Che gelida manina da "La Boheme"di Giacomo Puccini volume Ⅲ
【 1 】Fernand de Lucia_1917(5:28)
【 2 】Luigi Marini_1929(4:08)
【 3 】Julius Patzak_1931(3:47)
【 4 】Joseph Schmidt_1932(3:52)
【 5 】Heddle Nash_1933(4:42)
【 6 】Armand Tokatyan_1940(4:45)
【 7 】Frederick Jagel_1942(4:49)
【 8 】Jan Peerce_1946(4:09)
【 9 】Richard Tucker_1947(4:10)
【10】Flaviano Labo_1966(4:06)
【11】Luciano Pavarotti_1979(4:44)
【12】Giacomo Aragall_1979(4:49)
【13】Peter Dvorsky_1981(4:41)
【14】Jerry Hadley_1987(5:14)
【15】Giuseppe Sabbatini_1990(4:57)
【16】Jose Cura_1997(4:48)
【17】Robert Aragna_2005(5:27)
全曲盤からのセレクトが中心。【6】の指揮者Papi、【8】の初演者Toscanini、
【11】~【13】のCarlos Kleiberが光り輝いている。【14】はBernsteinの指揮。
異様なテンポだ。それより1秒遅いのが【1】のデ・ルチア!
全くの別世界。しびれる。これなら百戦錬磨の女たちもみな陥落することだろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/293-f92189e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。