誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5
マリア・カラス・コンプリート・ライヴ・オペラ・コレクション
第5巻は、「トロヴァトーレ」。
「トスカ」同様、ヒロインが権力者に言い寄られ、
身体を許すことを条件に恋人を救おうとする話。

このオペラの魅力は、何といっても、
5声部(ソプラノ、アルト、テノール、バリトン、バス)それぞれに
魅力的なベルカント・アリアがあって、出番のバランスもいいというところ。
加えて、適当に2重唱・3重唱も配されている。
また、管弦楽も良く歌い、激しく盛り上がる。
ということで、まずは5人の歌手が揃うことが重要で、
次に指揮の生命力が欠かせない。

これまでの愛聴盤は、
まずスタジオ録音、1956年カラヤン指揮のEMI盤。
カラス-バルビエリ-ディ・スティファノ-パネライ-ザッカリア
とキャストも強力で、カラスをはじめ皆吸引力のある歌を聴かせている。
ライヴでは、1941年カルージオ指揮のメト・ライヴ盤。
グレコ-カスターニャ-ビョルリンク-ヴァレンティーノ-モスコーナ
で、何といっても力と抒情を兼ね備えたビョルリンクが素晴らしい。
一気に聴かせる生々しい上演記録だ。

さあ、メキシコでのライヴはどうだろう。


ヴェルディ:歌劇「トロヴァトーレ」全曲
Leonora : Maria Callas
Manrico : Kurt Baum
Azucena : Giulietta Simionato
Il conte di Luna : Leonard Warren
Ferrando : Nicola Moscona
Ruiz : Carlos Sagarmínaga
Ines : Ana María Feuss
1950年6月20日
メキシコ、パラシオ・デ・ベラス・アルテス
グィド・ピッコ指揮


レオノーラを歌うカラスは強烈である。
若い時分にしか歌わなかった役だが、彼女に合った役柄だ。
1幕2場の出番から気合い充分、役が輝いている。
次第に速度が上がる中、装飾を小気味よく決めながら
テンションが上がっていき、聴いていてのけぞってしまう。

テナーとバリトンが、ノー天気に声を張り上げるタイプの歌手で、
カラスと釣り合わないが、その結果、重唱場面でもカラスの方が
引き立つことになっている。
3幕2場、カラスとバウムの2重唱が濃厚に進み、
テナー最大の聞かせどころ、「燃えさかるあの炎」がやってくる!
なかなかのハイテンションで興奮するが、
このアリアだけ34種集めたとんでもないCDがあって、
そんな歴代の猛者たちと比べると分が悪い。

バスのモスコーナは、ピンツァと比べてしまうとちょっと鈍いが、
なかなか良く、シミオナートのアズチェーナは異様なまでの迫力だ。

使用したLPはまたもや米HRE盤。
音は相変わらずダンゴになっているが、声は比較的キチンと聞こえる。

CDの発売状況は、
MELODRAM MEL26017 1988
MELODRAM GM2.0015-10 CD 1997
OPERA D’ORO OPD-1229 1999
MYTO 2 CD 002.H041 2000
FONO ENTERPRISE 1020.21 2001
ARKADIA 2CD GA2048 2001

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/28-d0ffe4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。