誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ラピュタ阿佐ヶ谷」で今日まで上映するというので行ってきた。
1階でチケットを買うと、半券に志保さんが載っていてびっくり。
ラピュタ型の建物を2階に上がり客席へ。
全48席のちいさなシアターだ。
ちなみに3階はレストランで、その名も「山猫軒」!
クリーム塗られてたべられちゃいそう・・・


古都憂愁 姉いもうと 1967年(S42)/大映京都/カラー/90分

■監督:三隅研次/脚本:依田義賢/原作:川口松太郎/撮影:武田千吉郎/音楽:小杉太一郎 
■出演:藤村志保、若柳菊、長谷川明男、八千草薫、伊藤栄子、船越英二、河内桃子、藤岡琢也

京の老舗料亭“とと喜”の暖簾を守る姉娘。妹には幸せな結婚を望んでいたが、彼女の婚約者から愛を告白され…。三隅研次が抒情豊かに描きあげた秀作メロドラマ。初主演の藤村志保が男に傾斜していく女の性を好演。


京の町並み、自然、ちょっとした小物類、それになにより京料理の数々!
ほんのりいい気分にさせてくれる。
一方、志保さんをめぐっては心配させられる状況が続く。
凛とした料理人としての包丁さばきと看板を背負う姉としての威厳、
変な男に告られてクラっときたり、酒が大好きで酔ったら自制が効かなくなったり、
する危なさ。
男性陣にいまひとつ魅力がないが、志保さんの魅力が満喫できる作品だ。
口三味線で自ら伴奏しつつ歌うシーンは時間が止まったかのようだ。
共演者では、やはり八千草薫さんがお茶目で大人の可愛さでとても良かった。
DVDでの発売を心待ちにしたい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/25-931ba5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。