誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いい音でいい歌でゆっくり聴こうということで、
シュターツカペレ・ドレスデンの正規録音を聴く。
歌も凄いメンバーが集っている。


SAN215-217
リヒャルト・シュトラウス:「ナクソス島のアリアドネ」
シルヴィア・ゲスツィ(ツェルビネッタ)、テレサ・ツィリス・ガラ(作曲家)、
グンドラ・ヤノヴィッツ(アリアドネ)、ジェームズ・キング(バッカス)、
アダム、プライ、シュライアー、フォーゲル、シュトルテ、他
シュターツカペレ・ドレスデン
ルドルフ・ケンペ指揮


女性陣の声の素晴らしさに大満足。ゲスツィのコロラトゥーラ、ツィリス・ガラの暖かな声、
ヤノヴィッツの気品。頭の悪そうなアリアドネの役も彼女で聴くと悲しみに真実味が加わる。
男声陣も余裕満点の気品あふれるアンサンブル。木霊役でシュトルテが出ていて、思わず聞き惚れる。
ピアノ入りの管弦楽もわくわくさせる美しい音楽をやっている。ただ、ツェルビネッタの大アリアは
もう少しゆっくりなテンポの方が良いと思った。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/221-803cbd8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。