誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■マリア・カラスが12歳の時の歌が聴けるんだって!?
ニーナ・フォレスティと名乗って、ラジオの歌番組に出演した時の録音ということで、
アナウンサーとのやり取りに続いて、
プッチーニの「蝶々夫人」中の名アリア『ある晴れた日に』が流れる。
ただし、彼女自身は、そのような名で歌ったことはないと証言しているらしく、
本物かどうかは疑わしいようだ。


米HRE-7(33rpm7inch)
1 プロッホ:主題と変奏「愛しい人よ帰ってきて」 1951年3月11日
2 プッチーニ:ある晴れた日に 1935年4月7日
3 プッチーニ:ムゼッタのワルツ 1963年5月17日
マリア・カラス


2がお目当ての少女の歌。
意外にドスの効いた声で、子供らしくない。
よく響かせてきれいに歌っている。
本当にカラスの声かどうかは聴いただけでは分からない。
CDもどこからか出ているようだ。

1は手元の日付と1日ずれているが、トリノRAIのラジオコンサート。
3は気合の入ったベルリン・ドイツ・オペラでのコンサートツアーの記録。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/22-784fbe64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。