誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカのオケによるブルックナーは、いったい金管が刺激的すぎて聴く気がしないが、
ヴァーグナーで絶妙なバランスの名演を聴かせるサヴァリッシュの棒ならと思って購入。
これがバイエルンあたりだったらなあと思いつつ聴く。


蘭EMI CDC5551192
ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」(第2稿ノヴァク版)
(19:29/15:54/10:33/20:35)
フィラデルフィア管弦楽団
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮
1993年録音


さすがのバランス感覚とコントロールぶり。
安らぎのブルックナーだ。
アメリカのオケのものの中ではピカイチ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/192-f0fefe6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。