誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



異様なサウンドが魂を刺激するボリショイ劇場Q。
CDがあるようなのでソッコウで注文する。


露Melodiya MEL CD1001750
ボロディン
弦楽六重奏曲 ニ短調(1860-61)
1 Allegro 5:23
2 Andante 4:38
ロシア風スケルツォ ニ長調(1882) 10:57
(合作の曲集『金曜日』のための曲)
グリエール
弦楽四重奏曲第3番ニ短調 op.67(1927)
1 Allegro moderato 8:36
2 Vivace 4:10
3 Larghetto
4 Fugue, Allegro molto energico 11:10
ミャスコフスキー
弦楽四重奏曲第9番ニ短調 Op.62(1943)
1 Allegro inquieto 7:13
2 Andante appassionato, Allegro misterioso, Molto appassionato 10:46
3 Allegro con brio 6:32
ボリショイ劇場四重奏団
Isaak Zhuk; vn1
Boris Weltmann; vn2
Moris Gurvich; va
Galina Matrosova; va(Myaskovsky)
Isaac Buravsky; vc
Rudolf Barshai; va2(sextet)
Svyatoslav Knushevitsky; vc2(sextet)
1949年(スケルツォ)、1950年(グリエール)、
1952年(六重奏)、1965年(ミャスコフスキー)


やはり、ボロディンの曲がいい。
合作集「金曜日」中のスケルツォとバルシャイが第2ヴィオラで参加した六重奏。
あとの2曲は初めて聴くが、
グリエールの終曲=フーガが凄い。
ベートーヴェンやシューマンもCD化してほしい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/14-eac0a513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。