誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コンスタンツェのアリア"Mortern aller Arten"は、
オペラ「後宮からの逃走」の中でもひときわ輝く名曲だが、
誰の歌が最高だろうか?

カラスに触発されたわけだが、これは伊語なので、ちゃんとした独語で聴いてみたくなる。
ヴァイオリン、チェロ、フルート、オーボエのソロを含むオーケストラ部分も実に面白い。

ドイツのコロラトゥーラといえばやはりベルガーだ!


米ゴールデン・エイジ・オブ・オペラ EJS584
○モーツアルト:「後宮からの逃走」抜粋
エルナ・ベルガー、ヘルマン、他
イッセルシュテット指揮NDR響
1946年放送録音
○ヴェルディ:「アイーダ」抜粋
マザロフ、他
ワルター指揮ウイーン国立歌劇場
1937年実況録音


このレコードは、ワルターの「アイーダ」が聴けるということで探したのだが、
前半の「後宮」の方が聴き物である。
劇場録音ではなく、拍手のない放送録音のようで、音は悪くない。
特に声楽部分はとても良く録れている。
NDRの活気ある伴奏に乗って、ベルガーの本領が聴ける。
女らしい含み声に柔らかなニュアンス。快い高音。
これは全曲ソフトもでているのだろうか。

"Mortern aller Arten" (「あらゆる責め苦が待ち受けていても」)。

Martern aller Arten
Mögen meiner warten,
Ich verlache nur dein Dräun !
Nichts soll mich erschüttern,
Dann nur würd'ich zittern,
Könnt'ich untreu jemals sein.

laß dich bewegen !
Verschone mich !
Des Himmels Segen
Belohne dich !
Doch dich rührt kein Flehen,
Standhaft, sollst du sehen,
Duld' ich jede Qual und Noth.
Ordne nur, gebiete,
Drohe, strafe, wüthe,
Zuletzt befreit mich doch der Tod !

あらゆる種類の責め苦が
私を待っているとのこと。
しかし、私は悼みも苦しみも笑って過ごします。
何も怖くはありません。
私が怖れるのは
私自身が操を失うことです。

どうぞ、哀れと思われて
私をお赦しください!
神さまの祝福が
あなたの上にあるでしょう!
しかし、あたなは心を決めておられる。
それならば、喜んでなにも厭わずに
どのような苦しみでもお受けします。
命じてください。
怒り、吠えてください。
死が私を自由にしてくれるまで。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/134-88d94ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。