誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日は大発見。今日も張り切って続きを聴こう。


米A.N.N.A.Record Company ANNA1058
プッチーニ:「ラ・ボエーム」より「冷たき手を」
第2巻
スキーパ、マコーマック、ラザロ、ハケット、ウイリアムス、チャムリー、センバッハ、ベッドー、
ラウリ・ヴォルピ、コルティス、ハロルド、ハムリン、ベルティ、ハット、マラック、パッティエラ


1面、スキーパ、マコーマックはさすがの表現力。剛のスキーパ、柔のマコーマックだ。
ウイリアムス、チャムリー、ベッドーは半音下げ。ウイリアムスとベッドーは英語版だ。
"I am"とか"Hungry"とか聞こえてくる。
問題は独語のセンバッハ。
例のクライマックス"speranza"の扱いが変わっている。
このクライマックス、皆が歌っている"opp."によれば、4拍目はAb→Cと上がるのだが、
センバッハはAbのまま上がらずに次の小節のBに上がっている!?
オリジナルのようにEに下がっているわけではないのだ。
中途半端で盛り上がらない解釈だ。

2面はまずラウリ・ヴォルピが凄い。(写真)
例のハイCを伸ばしながら、いったん下げてまたCを出すという装飾を決めている!
バスケでダンクにいっていったん戻して再びダンクにいくというマンガのような荒技だ。
声も力強く圧倒的である。
次のコルテスも素晴らしい。
ラッパ吹き込みが電気録音に変わったのか、音が鮮明でいろいろな楽器の音がちゃんと聞こえる。
ハープも鳴っているし、ヴァイオリンも艶めかしい。
声や歌い回しも自然で豊かだ。
そのあと、ハムリンというテナーがトロトロに甘い声で惹きつけられる。
マコーマックとそっくりの声だ。とてもいい!
ハットは独語、次のマラックは何語だか分からないのが残念。
後半4人は半音下げている。

今日も興味深い聴き比べができた。
LPで片面8人分なら続けて聴いてもなんとか耐えられる。


Che gelida manina,
se la lasci riscaldar.
Cercar che giova?
Al buio non si trova.
Ma per fortuna
é una notte di luna,
e qui la luna
l’abbiamo vicina.
Aspetti, signorina,
le dirò con due parole
chi son, e che faccio,
come vivo. Vuole?
Chi son? Sono un poeta.
Che cosa faccio? Scrivo.
E come vivo? Vivo.
In povertà mia lieta
scialo da gran signore
rime ed inni d’amore.
Per sogni e per chimere
e per castelli in aria,
l’anima ho milionaria.
Talor dal mio forziere
ruban tutti i gioelli
due ladri, gli occhi belli.
V’entrar con voi pur ora,
ed i miei sogni usati
e i bei sogni miei,
tosto si dileguar!
Ma il furto non m’accora,
poiché, poiché v’ha preso stanza
la speranza!
Or che mi conoscete,
parlate voi, deh! Parlate. Chi siete?
Vi piaccia dir!

なんて冷たい小さな手
私に暖めさせて下さい。
探してなんになるんですか?
こんな暗闇では見つかりっこありません。
でも幸いなことに
今晩は月夜で
ここに、私たちのそばに月がいるのです。
待って下さい、お嬢さん、
私が誰で、何をして、どう生活しているか、
ひと言で説明する間だけ。
よろしいでしょうか?
私は誰でしょう?私は詩人です。
何をしているかって?書いているんです。
どう生活しているのかって?生きているんです。
私の楽しい貧乏の中で、愛と詩と歌を王侯のように
惜しみなく費やしていきます。
夢と空想と空に描くお城のおかげで
私は百万長者の魂を持っているのです。
ときどき私の宝石箱から
二人の泥棒が宝石を全部盗んでしまうのです。
美しい目という泥棒が。
たった今も、あなたと一緒に入ってきて
私のいつもの夢
私の美しい夢は
即座に消え失せてしまいました。
しかし盗まれたことは、少しも悲しくありません。
なぜかって、なぜかっていえば
そこは、優しい希望の住処になったからです!
さあこれで私のことがおわかりになったのだから
あなたが話す番です。話して下さい。
あなたは誰ですか?
よかったら話していただけませんか?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/120-930b2486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。