誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽をゆっくり聴けるのはもはや通勤時間中のみとなってしまった。
ハイドンの「天地創造」は長い曲だが、通勤片道1時間往復2時間、ちょうど1日1回聴くのに都合がよい。

ソニーのスティック型ウオークマンは容量が1GBなのだが、いま、次のような「天地創造」全曲がはいっている。

◎2007年/クリスティ/ノートルダム寺院ライヴ
○2003年/アーノンクール/新盤
○2003年/アーノンクール/ライヴ
○1984年/クーベリック/オルフェオ盤
○1963年/ヴァント/テスタメント盤
○1951年/ヨッフム/ライヴ
○1943年/クレメンス・クラウス/プライザー盤

イヤースピーカーは、夏にPHILIPSの9700Aに替えた。
低音が見違えるように出てきて、高音中音も大変クリアー。
安いわりにすばらしい音だ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/110-d4a5e7b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。