誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブルックナーの交響曲全集、念願のセットが届いた。


○第1巻(8CD)
CD1:交響曲第1番ハ短調(1866年 第1稿 リンツ稿)(録音時期:1986年)
CD2:交響曲第1番ハ短調(1890-91年 第2稿 ウィーン稿)(録音時期:1984年)
CD3:交響曲第2番ハ短調(1877年 第2稿)(録音時期:1984年)
CD4:交響曲第3番ニ短調(1877年 第2稿)(録音時期:1984年)
CD5:交響曲第3番ニ短調(1873年 第1稿)(録音時期:1988年)
CD6:交響曲第3番ニ短調から第2楽章(1876年稿)(録音時期:1985年)
   交響曲第3番ニ短調(1889年 第3稿)(録音時期:1988年)
CD7:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(1874年 第1稿)(録音時期:1987年)
CD8:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』から第4楽章(1878年稿)(録音時期:1987年)
交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(マーラー改訂稿)(録音時期:1984年)

○第2巻(8CD)
CD1:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(1878-80年 第2稿 ノヴァーク版)(録音時期:1988年)
CD2:交響曲第5番変ロ長調(原典版)(録音時期:1984年)
CD3:交響曲第6番イ長調(原典版)(録音時期:1984年)
CD4:交響曲第7番ホ長調(ハース版)(録音時期:1985年)
CD5:交響曲第0番ニ短調(1869年版)(録音時期:1983年)
   交響曲第8番ハ短調から第1楽章(1890年 第2稿 ハース版)(録音時期:1985年)
CD6:交響曲第8番ハ短調から第2.3.4楽章(1890年 第2稿 ハース版)(録音時期:1985年)
CD7:交響曲第9番ニ短調(原典版)(録音時期:1985年)
CD8:交響曲第9番ニ短調から第4楽章(1986年版)(録音時期:1988年)
  交響曲(第00番)ヘ短調(1863年版)(録音時期:1983年)
 
ソビエト国立文化省交響楽団
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)


・・・というように異稿を揃えた素晴らしい企画!あと8番の1稿があれば完璧だった。
演奏もとても良い。
棒を振りながら指揮台を降りてコントラバスの近くに行くなど、深みのないエンターテイナーなのかと思っていたが、ブルックナーへの敬意と細部をもおろそかにしないサウンド作りに驚かされる。
決して金管が突出することもなく、弦楽器も充分に鳴っている。
弦の各パートの美しさは格別で、特に、チェロはメロディーを歌う時の張りのある音が素晴らしい。

企画の良さを度外視しても、全集としては最高のものだと思う。
1・2・5・6・9番が良くDGGの録音が良いヨッフム旧盤、
2・5・7・8・9番が良くETERNAのドレスデン・サウンドが良いヨッフム新盤、
安心して聴けるヴァント/ケルン盤、
2・3・4・6盤が良いウイーンフィルの指揮者混成盤を持っているが、
今回のが勝っている。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://knapper2.blog.fc2.com/tb.php/104-63a24903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。