誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは本当は誰にも教えたくない曲です。知り合いのヴィオリストの誰に聞いても皆知らないし、録音もおそらく一種類しかないんじゃないかしら。 作曲者からして知名度はほとんどゼロで、本当にいい曲かどうか誰も信じないでしょうから。

この素晴らしいヴィオラ協奏曲との出会いはかれこれ20年程前になります。東京の飯田橋に毎週通っていたレコード屋さんがありました。

自分でもヴィオラを弾くということでなにかすごいヴィオラのレコードはないかたずねたのでした。お決まりのプリムローズ、ターティス等の話が出て、それは知ってるというふうに不満そうな顔をしていると、店主は一枚のレコードをターンテーブルにのせたのでした。

これこそ、旧ソ連のルドルフ・バルシャイがヴィオラを弾いた、ハンドシキンのヴィオラ協奏曲だったのでした。

現代風の難解な曲をイメージしていた私の耳に、古典的ながら憂いを秘め、ヴィオラの全音域が生かされた力強い第一楽章が飛び込んできて、一発でノックアウトされてしまったのでした!

途中で針を上げてもらって即購入したことは言うまでもありません。
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。