誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マリア・カラス・コンプリート・ライヴ・オペラ・コレクション
第8巻は、「トロヴァトーレ」。


ヴェルディ:歌劇「トロヴァトーレ」全曲
Leonora : Maria Callas
Manrico : Giacomo Lauri Volpi
Azucena : Cloë Elmo
Il conte di Luna : Paolo Silveri
Ferrando : Italo Tajo
Ines : Teresa de Rosa
Ruiz : Luciano della Pergola
Un vecchio zingaro : Gerardo Gaudioso
Un messaggero : Gianni Avolanti
1951年1月27日 ナポリ・サンカルロ劇場
トゥリオ・セラフィン指揮


劇場でのセラフィンの指揮が瑞々しい。
劇的な部分での生き生きとしたテンポには興奮させられる。
痩せる前のカラスの底知れぬエネルギーも凄いものである。
ラウリ=ヴォルピは好きなテナーの一人だが、
当時既に59歳。
無理に絞り出す高音が痛々しく、
「見よ、恐ろしい炎を」では、大ブーイングをくらっている。

使用したLPは、チェトラのLOシリーズ。
悪くない。

CDの発売状況は、
MELODRAM MEL26001 1989
ENTERPRISE LV 948/49 1994
PANTHEON PHE6636.37 1995
IDIS 6352/53 2001

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。