誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ショスタコの1番。
コンドラシンのレコードでモスクワフィルとは別の音源があるらしい。


露MELODIYA  D. 11229
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番
キリル・コンドラシン指揮
ボリショイ劇場管
1951年


メロディアの10インチ盤。
ボリショイ劇場のオケのサウンドは異常である。
各パートがとても個性的で、あまり溶け合わない。
響きの美しさは味わえないが、
これこんな曲だっけな、と思わせる面白い演奏である。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。