誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Puccini "Turandot" -"nessun dorma"

荒川静香ちゃんの金メダルを祝して、もうちょっと聴く。

誰も寝てはならぬ!か...
姫よ、あなたも冷たい部屋で愛と希望に震える星をご覧なさい!
しかし秘密は私の胸の中、私の名前は誰も知らない!
いや、あなたの唇に私が告げるのだ、光が輝く時に!
そして私の口づけがあなたを私のものにする時に!
夜よ消えろ!星よ沈め!夜明けに私は勝つのだ!

1)Beniamino Gigli,1950,Buenos Ayres,w.piano,ARKADIA 2CDGI801
2)Jussi Bjorling,1959.4.13,Atlanta,w.piano,MYTO 1MCD912.39

今日はパワーでなく、声の甘さでチョイス。
ジーリはピアノ伴奏のリサイタルのアンコール。曲名を言ってからスタート。
自然な呼吸と響き渡る高音の両立がみごと。
ビョルリンクもリサイタル。
甘く、それでいて熱い。
圧倒される。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。