誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beethoven String Quartet No.15 op.132

今日は、アマデウスQのを聴く。
サウンドが不安定で、揺れ方が気持ち悪い感じ。
ETERNAのLPで聴いたけど、だめでした。
この団体、ブラームスのSEXTETとかブルックナーのQUINTETなどの
ロマンティックな作品の方があうのかな。
東独ETERNA 825852


で、次に厳本真理QのCDを聴く。
これは良かった。
リーダー真理氏の歌い方が、甘くなく、自分の世界に入りまくりで
たいへん魅力的。曲の大きさに負けてない。
ヴィオラの菅沼準二氏の音が暗めで抜けが悪くあまり好みじゃないけど、
全体としてはとても楽しめた。
山野楽器/東芝EMI YMCD1079-82
(厳本真理弦楽四重奏団の芸術、第5集)


オーケストラを聴きたくなって、純米酒を飲みながら
ヨッフム/ドレスデンのブルックナー2番を聴く。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。