誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bach_comp_rilling.jpg
独ヘンスラーのバッハ大全集が届きました。
ブリリアントの全集もあったのですが、統一感のあるこちらのプロジェクトを選びました。
リリングは結構好きだし。
大バッハの作品がいつでも聴けるということはこの上ない幸せです。

思えば、学生時分に、アルヒーフのバッハ大全集に憧れ、
当時出始めの500円玉貯金を始めたのでした。
このLPセットは20万円!
400枚集めて買うつもりだったのです。
・・・しかし、意思が弱い私です。
約100枚、5万円分貯まったところで遣ってしまったのです。
(伊メロドラム社から大量に発売されたヴァーグナーのオペラをまとめ買い)

今やCDも消耗品並の時代となり、十分の一の価格で大全集が買えるようになりました。
アルヒーフの厳然たる響きとは違いますが、
ようやく夢がかないました。
ここには音楽の全てが詰まっていると言えるでしょう!

172枚のCDのうち、1枚目のカンタータから聴いていくのがふさわしいのでしょうが、
今日は無性にオーボエの協奏曲が聴きたくなりました。
別冊のCDインデックスを繰り、131枚目をトレイに載せました。


CD131
J.S.BACH
○オーボエ・ダモーレ協奏曲 ニ長調 BWV 1053
○オーボエ・ダモーレ協奏曲 イ長調 BWV 1055
○オーボエ協奏曲 ト短調 BWV 1056
○オーボエ協奏曲 ニ短調 BWV 1059
○ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 ハ短調 BWV 1060
インゴ・ゴリツキ - (オーボエ)
クリストフ・ポッペン - (ヴァイオリン)
シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム
ヘルムート・リリング (指揮)


短調の3曲はもう最高です。
特に1060は昔から愛している曲です。
演奏にも十分満足できました。
スポンサーサイト
久しぶりに全曲通して聴く平均律。
richter_well-tempered.jpg
残響が豊かで響き渡るバッハですが、祈りの感覚にも満ちています。
特に短調の曲は心に沁みます。

・バッハ:平均律クラヴィア曲集全曲
 スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)

 録音時期:第1巻が1970年7月、第2巻が1972年8月と9月及び1973年2月と3月(ステレオ)
 録音場所:ザルツブルク、クレスハイム宮殿
 プロデューサー:フリッツ・ガンス
 エンジニア:ホルスト・リントナー


カメラータ東京からバッハの無伴奏チェロ組曲のヴィオラ版CDが出た。
弾いているのは、ルカ・ラニエリという男性奏者だ。

2枚目の6番、4番、1番を車の中で聴く。
美音だが、まるでBGM的なバッハ。
何も心に伝わってこない。
4番の1曲目など、まるでテンポが遅すぎて、低音進行のメロディーが浮かび上がってこない。
1拍目が重いのはいいにしても、こんなに1拍目だけ時間をとるのは気持ち悪い。


1983年にリリースされたメロディアのLPを聴く。
特に6番が入っていると食指が動く。


露MELODIYA  M90 44555
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番、第6番、「フーガの技法」より
ヴィルヘルム・シュトロス(vn) ワルター・トイラー,ペーター・ルッペルト(fl)
ウィルヘルム・シュトロス指揮
シュトロス室内管
1955年ライヴ


古いスタイルのバッハながら、速いテンポで進む室内アンサンブルの響きが心地よい。
4番、シュトロスのソロ・ヴァイオリンが大変魅力的。
弓圧はあまり強くないものの、無窮動のパッセージですら香りが漂う。
6番は合奏で始まるが、ところどころヴィオラのソロが楽しめ、
特に2番ヴィオラが深い音を出している。両端楽章の力強い進行が聴いた後も心に残る。
「フーガの技法」は19番の未完のフーガ。
弦楽合奏で延々12分近く繰り広げられるバッハの世界。


シュナイダーハンのシャコンヌに始まった本年だが、
最後にまた濃厚なシャコンヌに出会うことができた!


IDIS333
ジョコンダ・デ・ヴィト初期スタジオ録音集
○JSバッハ:シャコンヌ~パルティータ第2番BWV1004(1947年ロンドン)
○ベートーヴェン:ロマンス第2番ヘ長調
(1948年エレーデ/フィルハーモニア管)
○JSバッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042
(1949年バーナード/ロンドン室内管)
○モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調KV216
(1949年ビーチャム/ロイヤルフィル)
ジョコンダ・デ・ヴィト(ヴァイオリン)


どの曲も凄い演奏だ。
魂そのものの音がしている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。