誰にも教えたくないレコードを聴く

アマチュア・オーケストラでヴィオラを弾いています。 過ぎ去りし日、森の中でクナッパーツブッシュのブルックナーの「ロマンティック」交響曲を聴いてこの世界に入りました。一曲を徹底的に聴き比べます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1)このレコード探して、かれこれ10年になるでしょうか。
小沢/ボストンのヴァーグナー:「ヴァルキューレ」第1幕全曲。
ちゃんと、ボストン響のディスコグラフィーにも載っています。

小沢とヴァーグナーはさして相性が良いとも思えず、しかも、
ジークリンデがジェシー・ノーマンで、歌の魅力も期待薄なのですが、
ヴァーグナー・コレクターとしては、どうしても欲しい1枚なのです。

いつものように、"ozawa wagner"で海外オークションを検索していると、
あるではありませんか!
幸い即決価格$6.69で落札できました。
ozawa_walkure1_BSO.jpg

その2)
これは、数年前、所属オケでマーラーの「さすらう若人の歌」やった時に、
可能な限り聴き比べ、存在を知りながら聴けなかったものです。
マーラー:「大地の歌」「さすらう若人の歌」、
リタ・ゴールのメゾに、オケはセバスチャン指揮フランス国立放送管です。

今回の曲目が「大地の歌」ですから、早くなんとかしたかったものです。
暗めの声で抉りを利かせるゴールの歌は楽しみです。
$70とちょっと高額で、盤質評価が不明なのが不安ですが、思い切って入札しました。
erde_gorr_sebastian_ortf.jpg

その3)
この「パルジファル」録音史に輝く、東独エテルナの名録音、
青レーベルで持っているのですが、初版の黒レーベルにグレードアップしたかったのです。
5枚組$74と、ほどほどの価格で落札できました。
ケーゲルのヴァーグナーです。
PF_kegel_Blacklavel.jpg
スポンサーサイト
昨日はバレンタインデー。
でも、私にとっては、2月14日といえば、
指揮者マタチッチの誕生日~!
記念に聴くのはやっぱり、
チェコフィルとのブルックナー、7番です。
Bruckner7_matacic_cpo.jpg

皆に遅れて新幹線で湯河原に駆けつけます。
問題は19:30からの宴会に間に合うかどうか。

1_kodama.jpg
なんと、西明石での人身事故のため、小田原直前でストップ!
25分遅れてしまいました。
2_sasimi.jpg
海に近いだけあってなかなかのお刺身ですが、もう一息というところです。

3_asamesi.jpg
朝から牛しゃぶ
4_asa.jpg
幹事が、部屋は山側だというので期待していなかったのですが、海から昇る朝日が美しいものでした。
5_tetudo.jpg
新幹線と東海道線のトンネルが見え、まるでジオラマのよう!
6_fune.jpg
箱根に回り、まず海賊船に乗船
7_fune2.jpg
コクピット
8_kurotamago.jpg
大涌谷の名物黒タマゴ。家族用におみやげ5個入り買いました。
9_pola.jpg
ポーラ美術館。景観を犠牲にしないため半地下で建設されたとのこと。
10_lunchi.jpg
はじめにランチ。白ワイン飲みすぎてフラフラ。まともに鑑賞できるのか?
13_cezanne.jpg
セザンヌの「アルルカン」
14_cezanne2.jpg
切手になってる!
15_monet.jpg
モネ「サン=ラザール駅の線路」
16_fujita.jpg
レオナール・フジタ(藤田嗣治)の「誕生日」。白が印象的。
11_hakonego.jpg
箱根湯本からスーパーはこね号で新宿へ!
12_sakuraebi.jpg
箱根湯本で買った駿河湾の生サクラエビもお土産です。

1年の仕事納め、ゆったりできた旅行でした。

実にゆっくり眠れました。
目覚めのよい朝です。

34_asa.jpg
静かな朝のロビー。囲炉裏でおせんべいを焼いてます。
35_takimi2.jpg
滝に近いほうの露天風呂
36_nurukawa.jpg
温川(ぬるかわ)の流れ・・・ちらほら雪が!
37_koori.jpg
防火用のバケツのみずも凍っています。寒い!
38_washoku.jpg
朝食〈和食〉
39_youshoku.jpg
朝食〈洋食〉
40_neko.jpg
ドラ焼きと猫
41_kane6.jpg
6種類の鐘。2つ目の”健康の鐘”をつきます。
42_yakushi1.jpg
チェックアウト後に入れる薬師の湯・・・パスワードは”4126E”・・・
43_yaskushi2.jpg
誰もいないので泳いじゃいました。
44_hoshigaki.jpg
干し柿
45_kusuritansu.jpg
また、箪笥博物館へ。
かわいい薬箪笥
46_urushi.jpg
漆が流れちゃったというヤツ
47_edison.jpg
エジソンの蝋管式録音機
48_shoubou.jpg
日産の古い消防車。実動可能だそうです。
49_soba1.jpg
手打ちの蕎麦屋もありました。
50_soba2.jpg
まずは燗酒と蕎麦味噌
51_soba3.jpg
十割蕎麦は非常に美味しくできていました。
53_hamada1.jpg
夕食会場の浜田邸の、陶器のコレクション展示
54_hamada2.jpg
落ち着くひとときでした。
55_ringo.jpg
りんごのストラップ
56_zentai.jpg
いよいよこの素敵な宿ともお別れです。
57_kusatsu32.jpg
臨時特急「草津32号」で上野へ戻ります。

最高の2日間でした。
夕食は、「浜田邸」という別棟でいただきます。
炭火焼きがメインの献立。
いろいろ世話を焼いてくれるのですが、せわしないので、
こっちでやるからといって、ゆっくり食事を楽しむことにしました。

18_shokuzenshu.jpg
食前酒
19_toufu.jpg
豆腐料理
20_zensai.jpg
前菜
21_yakimono.jpg
メインの焼き物。炭火で焼いた赤城の地鶏は絶品でした。
22_iwana.jpg
岩魚+大好きな岩魚の骨酒
23_wan.jpg
碗物
24_sasimi.jpg
お刺身
25_mokomodake.jpg
焼いた”マコモダケ”・・・初めて食べましたが、筍そっくりでした。
26_nimono.jpg
煮物
27_nabe.jpg
もうかなりお腹いっぱいですが、薬湯鍋も出てきました。
28_desart.jpg
約2時間かけて静かなところで楽しく食事ができました。

夕食後は、お風呂めぐりに出かけます。
29_kasikiri.jpg
貸切りのお風呂
30_ashiyu.jpg
足湯
31_takiyu1.jpg
滝の見える露天風呂。隣の女性用の方が滝に近いようです。
朝、そちらが男性用になるので入ってみようと思います。
32_gensen.jpg
源泉のモニター映像
33_bar.jpg
なかなかレトロで素敵なバーですが、お客はいません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。